現金化の危険性

新幹線の回数券でクレジットカード現金化は危険! 高換金率だが高リスク!!

新幹線 危険

自分自身でクレジットカード現金化を行う場合、いかに換金率の高い商品をカード決済で購入するかがポイントになります。

換金率が高くないと、現金化する意味がないですからね。

そして高換金率の商品として有名なのが、新幹線の回数券なんです。

しかし、新幹線の回数券での現金化には大きなデメリットがありますので、現在ではオススメできない方法になってしまいました。

新幹線回数券を高く売る4つのポイント

新幹線の回数券は、非常に換金率が高いです。

 

金券ショップで買い取ってくれるのですが、換金率は90%を超えるほどの高換金率です。

 

90%超の換金率を誇る商品は、他にほとんどないので、ナンバー1と言っても過言ではないでしょう。

 

もちろん、金券ショップで高く売るためには、いくつかのポイントがあります。

高く売るポイントこれだ!
・人気の高い区間
・指定席
・6枚綴り
・有効期間が長い

人気の高い区間ベスト3は、東京―新大阪、東京―京都、東京―名古屋です。

新幹線で一番速いのぞみが停車する大都市ですね。

 

のぞみは人気が高く、自由席だと並ばないと座れない可能性もあるため、指定席のほうが需要が高いようです。

 

逆に、のぞみが停車しない熱海、三島、米原といった回数券の場合は、自由席のほうが換金率が高かったりします。

 

また、新幹線の回数券は、金券ショップでバラ売りするか、6枚綴りのまま売却できますが、現金化には6枚綴り一択です。

6枚綴りは、バラ売りより換金率が10%近く高い場合もあるくらいですからね。

 

そして、もちろん有効期間が長いほうが、換金率が高くなります。

新幹線回数券の有効期間は3ヶ月です。

 

つまり、新幹線回数券を購入したら、すぐにでも金券ショップへ持ち込んで、買い取ってもらうことが重要となります。

新幹線回数券を活用した現金化の方法

続いて、新幹線回数券でクレジットカード現金化する方法を紹介しましょう。

新幹線回数券は、全国のJRの駅の窓口(みどりの窓口など)で販売しています。
6枚綴りの回数券を購入できます。
回数券のバラ売りはしていません。

また、自動券売機では購入できませんので、注意してください。

現金化に活用する場合は、新幹線回数券をクレジットカード決済で購入します。

購入した新幹線回数券を持って、金券ショップに向かいましょう。

金券ショップでは、新幹線回数券の買取金額をホームページで公開している場合も多いので、あらかじめ高く売れそうな金券ショップをリサーチしておくと、より高く売れると思います。

金券ショップで買い取ってもらう時、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)の提出を求められるので、忘れずに持参してください。

金券ショップのスタッフがその場で査定を行い、買取金額を提示してくれます。
その金額に納得したら、無事に買取成立で、現金を支払ってくれます。

このように、クレジットカードのショッピング枠を使っただけで、現金を手にすることができるという訳です。

非常に簡単な方法ですよね。

新幹線回数券での現金化の最大のデメリット

新幹線回数券を使った現金化は、換金率が高く、簡単にできるので、「それなら私もやってみよう!」と思ったかもしれません。

 

しかし、ちょっと待ってください!

新幹線回数券の現金化には、最大のデメリットがあるのです。

 

それは、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性が非常に高いというデメリットです。

 

クレジットカード会社では、利用規約でショッピング枠の現金化を禁止しています。

規約違反の行為がないか、常に目を光らせているのです。

 

そして、ショッピング枠の現金化を疑われる最たる例が、新幹線回数券という訳です。

 

一昔前、新幹線回数券での現金化が、大流行した時期がありました。

そのため、新幹線回数券をショッピング枠で購入すると、真っ先に現金化を疑われるようになってしまいました。

 

以前は、新幹線回数券を短期間に何度も購入した場合に、カードが利用停止となっていましたが、最近ではたった一度新幹線回数券を購入しただけで、利用停止になってしまったというケースもあるほどです。

 

それだけカード会社は、新幹線回数券をカード決済で購入する利用者の多くを現金化目的だと警戒しています。

 

クレジットカードが利用停止になってしまっては、元も子もありませんから、新幹線回数券での現金化はやめたほうが良いです。

まとめ

新幹線回数券での現金化は、換金率が高いというメリットがある一方で、クレジットカードが利用停止になってしまうデメリットがあることが分かりました。

 

それでは、クレジットカード現金化はやめたほうが良いのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

 

インターネット上で営業している、クレジットカード現金化業者に依頼する方法であれば、とても安全です。

 

なぜなら、ネットのクレジットカード現金化業者のほとんどは、キャッシュバック方式を採用しているため、新幹線回数券のような換金率の高い商品を購入しないからです。

 

換金率の高い商品を購入しなければ、カード会社から現金化を疑われる心配もありません。

つまり、クレジットカードが利用停止になるデメリットもないということです。

 

クレジットカード現金化をしたいと考えているなら、クレジットカード現金化業者に依頼しましょう。

 

信頼できる優良な現金化業者と出会えると良いですね。

創業16年目を迎える老舗の現金化業者ゼロスタイルの特徴は? ゼロスタイルの口コミ評価もチェック!
ゼロスタイルは、創業16年目を迎える老舗の現金化業者です。それだけ長く現金化の事業を続けているということが、信頼の証と言えるでしょう。それではなぜ、ゼロスタイルは多くの顧客から支持を得ているのでしょうか。ゼロスタイルの特徴や口コミの評判に...
タイトルとURLをコピーしました