現金化の危険性

クレジットカード会社から現金化を疑われるリスクを減らす方法を紹介!

虫眼鏡

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、違法ではありませんが、カード会社の利用規約で禁止されていることをご存知ですか? そして、カード会社から現金化を疑われると、利用停止等のペナルティがあります。なぜ、カード会社は現金化を禁止しているのでしょうか。その理由を明らかにするとともに、クレジットカードが利用停止にならないための対策を紹介します。

利用規約で現金化が禁止されている理由とは?

クレジットカードの利用規約では、ショッピング枠を現金化に利用することを禁止しています。

 

そのため、ショッピング枠の現金化をカード会社に疑われてしまうと、規約違反として、利用停止等の厳しいペナルティを受ける可能性があるので、注意しなければなりません。

 

そもそも、なぜショッピング枠の現金化が利用規約で禁止されているのでしょうか。

クレジットカード会社では、その理由を公表していませんが、諸説あると言われています。

 

一番有力な理由は、カード利用者が支払い不能になってしまう可能性を極力減らすためです。

 

ショッピング枠を現金化に利用するということは、カード会社から「お金に困っている可能性が高い」と判断されてしまうのでしょう。

 

クレジットカードはその名の通り、利用者の信用(クレジット)で後払いができるカードです。

利用者がカードを利用した後に、利用代金を支払ってもらえなければ、カード会社の損失となってしまいますから、支払い不能となりそうな行為は、極力排除したいのだと思います。

 

実際は、お金に困っている人だけでなく、借り入れ記録を残したくない経営者も現金化を利用しているのですが、カード会社は現金化を「支払い不能につながる」サインの1つと捉えているのです。

 

このように、クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約で禁止されている行為であることを頭に入れておいてください。

クレジットカードが利用停止になってしまう。

カード会社に、ショッピング枠の現金化を疑われた場合、どのようなペナルティを受けるのでしょうか。

 

・クレジットカードの利用停止

・強制解約、未納の利用額の一括請求

 

主に、上記2点のペナルティが考えられます。

 

クレジットカードが利用停止になるだけでも不便ですが、強制解約ともなると、キャッシング・ショッピングの利用残高の一括返済を求められるため、非常に重い処罰だと思います。

 

クレジットカードが利用停止になってしまうと、カード会社が加盟している信用情報機関にもその情報が載ってしまいます。

 

そのため、あるクレジットカードが利用停止になったからといって、別のクレジットカードもただちに使えなくなることはありませんが、カードを更新する時は審査が厳しくなって、更新できない可能性も高くなってしまうでしょう。

 

このように、カード会社からショッピングの現金化を疑われてしまうと、重いペナルティがあるため、現金化を行う場合はカード会社から目を付けられないように、慎重に取引する必要があるのです。

支払いが遅れている人は要注意!

それでは、どのような行為によって、カード会社から現金化を疑われてしまうのでしょうか。

 

クレジットカードの発行枚数は、日本全国で約2億4000万枚。

この膨大な数のクレジットカード取引を、一つひとつ調査できる訳がありません。

 

そこで、カード会社は監視システムを導入して、自動でカード取引を監視しているのです。

 

カード会社が集積した取引のデータによって、現金化が疑わしいと自動で判断するのは、次のような行為です。

 

<現金化が疑われるチェックポイント>

・カード利用代金の支払いが遅れがちである

 

・キャッシング枠を限度額いっぱいに利用している

 

・ショッピング枠の利用が急激に増えている

 

・換金性の高い商品をショッピング枠で購入している

 

 

このコラムを読んでいる皆さんは、上記の4つに当てはまるものがありますか?

 

当てはまる数が多ければ多いほど、カード会社から現金化を疑われるリスクが高くなるので、十分に気を付けてください。

 

支払いが遅れがちで、キャッシング枠も限度額いっぱいに使っていたら、「この利用者はきちんと支払ってくれるのかな?」と不安視されても、仕方ないですよね。

 

その上で、新幹線の回数券、商品券・ギフト券、高級ブランド品など、換金性の高い商品を購入してしまうと、「ショッピング目的ではなく、換金目的で購入しているのでは?」と疑われてしまうのです。

 

ですから、カード会社から現金化を疑われないようにするための対策としては、

 

・毎月の支払いが遅れないようにする

 

・キャッシング枠を限度額いっぱいまで借りない

 

・換金性の高い商品をショッピング枠で購入しない

 

ことを心がけてください。

まとめ

クレジットカード会社から、現金化を疑われるリスクを減らす方法を紹介しました。

 

いくら支払いが遅れていなくても、キャッシング枠をめいっぱい使っていなくても、換金性の高い商品をショッピング枠で購入する行為は危険です。

 

つまり、自分で新幹線の回数券等を購入して、金券ショップで売って現金を手に入れる方法も、カードが利用停止になるリスクが高いということです。

 

現金化をするなら、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者に依頼することを強く推奨します。

 

キャッシュバック方式の現金化業者であれば、換金性の高い商品を購入しないので、カード会社から現金化を疑われる可能性が非常に低いのです。

 

信頼できるキャッシュバック方式の現金化業者と取引して、安心・安全に現金を手に入れましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました