クレジットカードの現金化とは?安全性や仕組み、メリット・デメリットをご紹介!口コミで評判の優良サイトをランキング

「今すぐお金が必要!」、そんな状況でこのページに辿り着いた人も多いと思います。すぐに現金を用意する方法の1つとして、クレジットカード現金化をオススメします。クレジットカード現金化というと、あやしいイメージを持っている人が多いかも知れませんが、実は経営者や主婦がよく利用している、今人気のサービスなんです。「よく分からなくて怖い……」という人のために、クレジットカード現金化についてゼロから分かりやすく解説します。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠とキャッシング枠が別に設定されていると勘違いしている人が多いですが、キャッシング枠はショッピング枠の中に設定されています。

ショッピング枠限度額:50万円
キャッシング枠限度額:20万円

上記の場合、キャッシングで10万円お金を借りたら、ショッピング枠の利用限度額は40万円となるのです。

つまり、クレジットカードではキャッシング枠の限度額がショッピング枠より低いため、高額のお金を借りることができません。

でも実は、クレジットカードのショッピング枠を現金化することができます。
ショッピング枠の現金化を総称して、「クレジットカード現金化」といいます。

クレジットカード現金化には、
・自分で現金化する方法
・クレジットカード現金化業者に依頼する方法
の2種類があります。

自分で現金化する方法は、クレジットカード決済で商品を購入して、その商品を転売することで、現金を手に入れるというもの。
いかに、高く売れる商品を購入するかがポイントとなります。

一方で、クレジットカード現金化業者というのも存在します。
昔は「カードでお金」という看板をよく街で見かけたかと思いますが、店舗を構えている現金化業者がたくさんありました。

現在では、インターネット上で営業しているオンライン現金化業者が増えていて、主流となっています。

現金化のメリット

クレジットカード現金化というと、「何となくあやしい……」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

あやしいと感じるのは、クレジットカード現金化についての知識がないからだと思います。
そこで、メリットともにデメリットも紹介しますので、両方を把握した上で、客観的に判断してみると良いでしょう。

<現金化のメリット>
・審査がない
・信用情報に載らない
・即日で現金が手に入る
・周囲に内緒で現金化できる
・分割、リボで返済できる
・総量規制の対象にならない

・審査がない
金融機関やカードローンなどでお金を借りる場合は、必ず審査があります。
審査に落ちてしまえば、当然お金を借りることができません。
一方で、クレジットカード現金化には、審査がありません。
ショッピング枠に空きがあれば、誰でも利用できるので、とても便利なサービスなのです。

・信用情報に載らない
金融機関でお金を借りると、信用情報機関に「お金を借りた」という履歴が残ります。
クレジットカードのキャッシング枠の利用も、履歴が残ります。
しかし、ショッピング枠の利用は借金に該当しないので、信用情報機関に履歴は残りません。
クレジットカード現金化というと、お金に困っている人だけが利用するというイメージが根強いかも知れませんが、実は「信用情報機関に履歴を残したくない」と考える経営者が利用するケースも多いのです。

・即日で現金が手に入る
インターネット上の現金化業者に依頼すれば、即日で現金を手に入れることができます。
早ければ、申し込みから30分程度で、銀行口座へ振り込んでくれる業者もあります。
急な冠婚葬祭で手持ちがないといった場合には、とてもありがたいサービスです。

・周囲に内緒で現金化できる
お金を借りるときの審査では、職場に在籍確認の連絡が来ることがありますが、クレジットカード現金化では審査がないため、そのような連絡が来ることは一切ありません。
そのため、家族や親戚に内緒で現金化しやすいのです。
もし、クレジットカードの利用明細を見られても、「現金化」と書いてあるわけではないので、現金化がバレるというリスクはないと言えるでしょう。

・分割、リボで返済できる
クレジットカード現金化は、ショッピング枠の利用ですから、支払い方法を選ぶことができます。
現在のクレジットカードでは、分割払い・ボーナス払い・リボ払いなどがありますから、毎月計画的に支払っていくことが可能です。
ショッピング枠はキャッシング枠よりも利息が低いので、安心して利用できると思います。

・総量規制の対象にならない
総量規制によって、個人の借金は年収の1/3までしかできなくなってしまいました。
しかし、ショッピング枠の利用は借金ではないため、総量規制の対象になりません。
年収の1/3ぐらいまで借金をしている人でも、クレジットカードを持っていれば、現金化できるのです。

現金化のデメリット

続いて、クレジットカード現金化のデメリットを解説します。
デメリットを把握した上で、それを超えるメリットを感じたなら、利用してみると良いと思います。

<現金化のデメリット>
・クレジットカードが利用停止になる可能性がある
・カード現金化が発覚すると自己破産できない

・クレジットカードが利用停止になる可能性がある
クレジットカード現金化は、法的にはグレーな存在だと言えます。
その理由は、後ほど解説します。

しかし、クレジットカード会社の規約では、明確にショッピング枠の現金化を禁止しています。
そのため、もしクレジットカード会社に現金化が発覚した場合には、クレジットカードの利用停止になる可能性があります。悪質と判断されると、強制退会処分になってしまうこともあるのです。

このように見てみると、「クレジットカード現金化は怖い」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
後で解説しますが、クレジットカード現金化業者を利用することで、利用停止のリスクを限りなく低くできるのです。

・カード現金化が発覚すると自己破産できない
どうしても借金で首が回らなくなると、自己破産を行うことになります。
しかし、自己破産は、ギャンブルや著しい浪費が原因での借金の場合、認められないこともあるのです。
自己破産が認められない理由を「自己破産の免責不許可事由」といいますが、その事由の1つに、クレジットカード現金化も該当しています。つまり、クレジットカード現金化が発覚した場合は、自己破産ができなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

自分で現金化する方法

先ほど解説した通り、自分でクレジットカード現金化することもできます。

クレジットカード決済で商品を購入する
 ↓
購入した商品を買取業者に売却する
 ↓
現金が手に入る

という流れです。
自分で購入した商品が、いくらで売れるかによって、手にする現金が変わってきますから、いかに高く売れる商品を手に入れるかが、ポイントとなります。

高く売れる=換金性の高い商品は、金券・商品券です。
いつでもお金のように使えますから、値崩れしにくく、高く売れるのです。
そのほか、高級ブランド品や人気ゲーム機なども、高く売れるものがあります。

最近では、Amazonギフト券の現金化がトレンドとなっています。
Amazonは世界一のECサイトですから、ユーザーが非常に多いため、ニーズが高いのです。
また、Amazonギフト券は、現物のギフト券がなくても、コードがあれば利用できます。
そのため、ネット上でも簡単に売買できるのです。

ネット上では、Amazonギフト券を買い取ってくれる業者も数多くあるため、自宅にいながらにして、現金化することができます。額面の90%以上と、高い換金率で現金化できるケースが多いでしょう。

Amazon.co.jpでAmazonギフト券をクレジットカード決済で購入する
 ↓
Amazonギフト券を買取業者に売却する
 ↓
現金が銀行口座に振り込まれる

という流れで、現金を手に入れることができます。

現金化を疑われて、カードが利用停止になってしまっては意味がありません。
自分で現金化する方法は、あまりオススメできないのです。

そもそも、自分で行う現金化には「クレジットカードの利用停止」というリスクが付きまといます。
カード会社では、ショッピング枠で換金性の高い商品ばかりを購入している利用者に対して、「現金化しているのでは?」と疑いをかけるためです。

<自分で現金化のメリット>
・自分のやり方次第で、換金率を高くできる
・自分でやるため、悪質業者に騙されることはない
<自分で現金化のデメリット>
・クレジットカードの利用停止になるリスクがある
・すべて自分で行うため、手間がかかる

現金化業者に依頼する方法

インターネットで、クレジットカード現金化と検索してみてください。
実に数多くの現金化業者があることが分かるでしょう。数多くの現金化業者があるということは、それだけ現金化の市場が大きい、利用者が多いということです。現金化業者が増えて、競争が激しくなればなるほど、サービスは向上していきますから、利用者にとっては嬉しい限りです。

ユーザーがより便利に、より高額の現金を得られるように努力している、優良な現金化業者がたくさんあります。

逆にたくさんあり過ぎて、どこが優良な業者か分からないと思いますので、まずは口コミサイトで調べてみることをオススメします。

残念ながら一部では、悪質な業者も存在しますので、騙されないように気を付けなければなりません。

さて、現金化業者に依頼すると、どのように現金を手に入れることができるのでしょうか。

現金化業者のホームページで申し込む
 ↓
スタッフから電話がかかってくる
 ↓
金額等を了承したら、業者指定の商品をショッピング枠で購入する
 ↓
業者でカード決済を確認すると、ユーザーへの入金手続きを行う
 ↓
銀行口座にお金が振り込まれる

このような流れです。
クレジットカードのショッピング枠に空きがあれば、審査もなく誰でも利用できます。

現金化業者を利用すると、もちろん業者への手数料がかかります。
手数料は、利用金額にもよりますが、15〜30%であることが多いです。
利用金額が低いと手数料は高めで、利用金額が高いと手数料は低めとなります。
なるべく手数料が低く、還元率の高い業者を選びたいですね。

そして、オンラインの現金化業者であれば、自宅にいながらにして、現金化できます。
即日どころか、申し込みから最短30分で現金を手にすることができます。

とても便利なサービスですね。
悪質な業者にさえ引っかからなければ、非常に利用価値は高いと思います。

<現金化業者に依頼するメリット>
・最短30分で現金を得られる
・審査が不要
・手間がかからない
<現金化業者に依頼するデメリット>
・一部で悪質な業者が存在する
・業者への手数料がかかる
・低額では還元率が低くなる

店舗・オンライン どちらの業者を選ぶ?

現金化業者は大別すると、店舗を構えて営業している業者と、インターネットで営業している業者の2つがあります。

現金化業者に依頼する場合、どちらの業者が良いのでしょうか。

<店舗型業者の場合>
店舗があるというのが、最大のメリットです。
店舗に入れば雰囲気もつかめて、スタッフと直接話すことができるため、安心して取引できます。
パソコンやスマホが苦手という人でも、店舗なら簡単に現金化を進めることができます。

しかし、店舗には営業時間があり、休業日もあります。
当然ながら、営業時間外には利用できません。

また、店舗は多くの人が利用できるように、繁華街に構えるケースが多いです。
近郊に住んでいる人は便利ですが、地方に住んでいる人は利用することができません。

そして、店舗型の最大のデメリットは、買取方式の現金化業者が圧倒的に多いということです。

買取方式とは、利用者がクレジットカードで購入した商品を買い取る形で、現金を支払うという取引です。
例えば、利用者に新幹線の回数券を購入に行かせて、その回数券を現金化業者が買い取って、利用者にお金を支払います。

これは、先ほど解説した“換金性の高い”商品ですから、クレジットカードの利用停止になるリスクが高まってしまうのです。

いくらスタッフの顔が見えて、安心して取引できても、クレジットカードの利用停止リスクがあるため、あまりオススメできません。

<オンライン型業者の場合>
無店舗で営業するオンライン型の現金化業者では、基本的に営業時間や定休日という概念はなく、24時間いつでも利用することが可能です。

オンラインの取引ですから、店舗を訪れる必要もなく、自宅でも職場でも、どこでも取引できるのです。

ただ、オンライン取引ですから、「顔が見えなくて不安……」と感じる人も多いでしょう。
でも、安心してください。
オンライン型業者に申し込むと、必ず業者から電話がかかってきます。
電話でスタッフと話すことができるので、そこで親切・丁寧に応対してくれるスタッフであれば、ある程度の不安は解消されると思います。

電話では、実際のところ、利用金額に対していくら振り込まれるのかなどを聞くことができるため、それで納得できなければ、申し込まなければいいだけですから、何も怖いことはありません。

むしろ、もし店舗型で詐欺業者に入ってしまったら、あの手この手で引きとめられ、申し込むまで店を出ることができない、なんて怖いことがあるかも知れません。

そして、オンライン型業者の最大のメリットは、キャッシュバック方式の業者が圧倒的に多いということです。
キャッシュバック方式とは、現金化業者が販売する商品を利用者がクレジットカードで購入すると、商品購入に対するキャッシュバックとしてお金を振り込むというもの。

現金化業者が販売する商品は、金券・商品券などの換金性の高いものではないので、カード会社から現金化を疑われる可能性が非常に低いのです。

ということで、現金化業者に依頼するなら、オンライン型業者のほうが断然に良いという結論になります。

悪質業者の手口と特徴を公開!

優良な現金化業者が多いですが、一部で悪質な業者もありますので、騙されないように十分に気を付けてください。

悪質業者に引っかかってしまうと、次のようなトラブルに巻き込まれてしまいます。

<還元率を大幅に下げられる>
ホームページでは「還元率96%!」と大々的に宣伝しておきながら、実際に申し込んでみると、振込手数料、発送料だけならまだしも、本来は業者が支払うべきカード決済手数料までかかるなどと言って、還元率は40%未満だった……

<銀行振込されずにトンズラ>
現金化業者に申し込んで、クレジットカード決済を行ったのに、なかなか銀行口座への入金がない。業者に連絡しても、「システムトラブルですから、しばらくお待ちください」などとかわされるだけで、しまいには連絡が取れなくなる。残ったのは、カード決済の支払いだけ……

<セキュリティコードを聞かれる>
業者によっては、クレジットカード表面の画像を送る必要があります。
これはカード名義人が本人であるかどうかを確認するためなので、必ず送ってください。
ところが、本来であれば教えなくてよいカード裏面の画像も送るように指示してくる業者があります。
カード裏面にはセキュリティコードが記載されているため、これを教えてしまっては、クレジットカードを業者に手渡したようなものです。
クレジットカードを不正利用されてしまいます……

このように、悪徳業者に引っかかってしまうと、大変です。
悪徳業者の特徴を紹介しますので、引っかからないように気を付けてください。

<悪徳業者の特徴>
・ホームページに会社情報が記載されていない
・電話の応対が横柄
・還元率が異常に高い
・口コミ評価が悪い
・逆に口コミ評価が不自然に良すぎる

最初の手口のように、悪徳業者はあり得ない高還元率を喧伝して、利用者を獲得しようとします。
例えば「利用金額10万円で還元率95%以上!」と謳っている業者があったら、悪徳業者と判断して差し支えないでしょう。10万円という低額で、還元率95%以上では、赤字になってしまいますので、絶対にありえません。

そんな業者に限って、会社情報がほとんど記載されていなかったり、電話の応対も横柄だったりするものです。

万が一そんな業者と出会ってしまったら、断固として取引を拒否してください。

口コミサイトは非常に参考になりますが、不自然に良い口コミしか載せていないものもたまにありますので、書かれていることを過信せずに、実際に業者と電話して、信頼できるかどうかを判断すると良いでしょう。

なぜカードの利用規約で現金化が禁止になったのか?

クレジットカード会社は、なぜ利用規約で現金化を禁止しているのでしょうか。

カード会社は、カードを多くの人に保有してもらい、カードを利用してもらうことで、手数料を得ることで、利益となります。

カード会社が手数料を得るために、利用代金を立て替えておいて、後で利用者に支払ってもらうビジネスモデルですね。
そのため、利用者がカード代金を支払えなくなると、カード会社が負担しなければなりません。
そのリスクを減らすために、カード会社は利用者の審査をしている訳です。

それなのに、かなり昔の話ですが、金銭的に非常に厳しい状況の人が、ショッピング枠を現金化して、そのままカード代金を踏み倒してしまうというケースが多発してしまったのです。

そのため、カード会社は「ショッピング枠の現金化=多重債務者」である可能性が高いと判断して、現金化の禁止を明記したものとみられています。

昔の人たちのヘマのせいで、現在の私たちが割を食ってしまっているのは解せないですが、そのような歴史を経て、ショッピング枠の現金化は利用規約で禁止となってしまいました。

今すぐ資金を調達する5つの方法

急にお金が必要になって、手持ちがない場合、あなたはどうやって現金を調達しますか?

・親族、友人から借りる?
・カードローンを申し込む?
・日雇いバイトに申し込む?
・家にある不用品をメルカリで売る?

すぐに現金を手に入れる方法として、現実的な方法は上記の4つくらいでしょうか。

親族や友人からお金を借りると、金利もなく貸してくれることが多いでしょうから、借りられるなら借りると良いでしょう。
でも、「お金に困っているのかな……?」と噂になってしまうことは間違いありません。
らに、万が一お金の返済が遅れたりしたら、一瞬で信用をなくしてしまいます。

カードローンを申し込めば、即日でお金を借りられるでしょう。
でも、審査がありますから、滞納した経験がある人は審査に落ちてしまうかも知れません。
また、職場への在籍確認もありますから、借金を使用としていることがバレてしまう可能性もあります。

急にお金が必要になったときに、タイミングよく日雇いバイトがあると良いですが、なかったときは大変です。
会社によっては、当日に給料をもらえないところもありますので、急なタイミングでは現実的ではありません。

メルカリでの不用品売却も、良いお小遣い稼ぎになりますが、すぐに売れるとは限りません。

クレジットカード現金化であれば、ショッピング枠の空きさえあれば、誰でも利用できます。
職場に連絡がいくこともありませんから、バレる可能性も非常に低いです。
そして、何と言ってもすぐに! 最短30分で現金を調達できますから、緊急時の資金調達方法としては、非常に優れているのではないでしょうか。

そのため、お金に困っている人だけでなく、経営者、家庭の主婦など、さまざまな属性の人たちが上手く現金化を活用しています。

まとめ

クレジットカード現金化について、できるだけ分かりやすく解説してきましたが、理解できたでしょうか。

誰でも利用できて、今すぐに現金を得られる方法として、クレジットカード現金化は、非常に有用性が高いと思います。

クレジットカード現金化は、お金に困っている人だけが利用するサービスではないのです。

経営者や主婦のように、上手く現金化を活用すれば、毎日の生活が少し楽になるかも知れません。

資金調達方法の1つとして、ぜひクレジットカード現金化を検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化 優良サイトランキング

業界革命!3つのゼロをお約束!お客様満足度の高い「ゼロスタイル」

  • 換金率:最高99.2%
  • 営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

「クレーム0」を実現する親身な接客にも自信を持っております。

何より換金率がいいし、この業界でも有名なのでは!?

36歳 男性

他は会社はわからないですが担当者が非常に親身になって話を聞いて頂き、とても安心いたしました。毎回同じ担当者を指名させてもらってます。

22歳 女性

業界No1の信頼と実績!「あんしんクレジット」

  • 換金率:最高98.8%
  • 営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

今最も選ばれているあんしんクレジット

私は、急にお金が必要なときに利用するのはあんしんクレジットって決めてます。
換金率が一番良いかはわかりませんが、なにより受付の対応がいいから安心。
大丈夫かな?って不安なら、あんしんクレジットがおすすめです。

33歳 男性

最近新しい現金化会社が多いけど昔からある、あんしんクレジットが信用できると思い利用させてもらってます。

45歳 男性

最短3分のスピード振込。2009年創業、選ばれ続け10年の実績!「ファミリークレジット」

  • 換金率:最高98.9%
  • 営業時間:9:00~20:00 ※WEB申込は24時間対応

下記のフォームからお申し込みください。
追って、お電話にて、注意事項の確認、制作スケジュールに関しましてのお打ち合わせ、お支払いのご案内などをさせていただきます。

かれこれ、数年前から困ったときにはファミリークレジットを利用させてもらっております。

長くある会社さんはなんか安心感があっていいですよね。

33歳 男性

毎回同じ金額で同じ換金率でやってくれますので計算が出来ていいいです。もう今更他の所を見つけるのも面倒なんで・・・

42歳 男性
現金化業者 ゼロスタイル あんしんクレジット ファミリークレジット ひまわりギフト セーフティサポート
レビュー
入力項目 ○少なめ ○少なめ ○少なめ ○少なめ ○少なめ
住所入力 不要 不要 不要 不要 不要
最大還元率 99.2% 98.8% 99.2% ask 98.7%
換金率 88%~99.2% ~98.8% 90%~ask% ask 90%~98.7%
土日営業
公式 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP
さらに詳しく 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

優良業者の特徴を比較する

その他の現金化化業者一覧(換金率を比較)

現金化業者

レビュー

入力項目 住所入力 最大還元率 換金率 土日営業
おひさまクレジット
○少なめ 不要 ask 91%~ask
スマイルギフト
○少なめ 不要 94% 87%~94%
24キャッシュ
○少なめ 不要 ask 87%~93%
キャッシュライン
○少なめ 不要 98.8% 88%~98.8%
ファストキャッシュ
○少なめ 不要 98.5% 90%~98.5%

現金化業者 レビュー 入力項目 住所入力 最大還元率 換金率 土日営業
LIFE
○少なめ 不要 97.8% 90%~97.8%
ナンバーワンクレジット
○少なめ 不要 98.8% ~98.8%
和光クレジット
○少なめ 不要 94% 87%~94%

安心くん

○少なめ 不要 98% 90%~98%
生活ギフト
○少なめ 不要 92% 88%~92%



タイトルとURLをコピーしました